あこがれのリーダー

Posted by agertaw - 10月 7th, 2013

職場でも地域活動でも魅力的なリーダーは異性からも同性からも本当に人気がありますよね。私にとってあこがれのリーダーがこんな話をしてくれました。

『リーダーであっても常に素直でありたいと思い、間違ったらすぐに誤りを認めている。しかし、頻繁に方針を変えすぎてよいものか悩んでいる。朝令暮改さながらにトップの指示がころころ変わると、下にいる部下たちは大変な苦労をします。そのようなリーダーは次第に信頼もされなくなるでしょうし、何を言ってもまともに聞いてもらえなくなります。反対に、頑固で言い出したら聞かないリーダーも困りものです。指示が正しければよいのですが、間違った方針を頑固に貫き通そうとすれば、やがて誰もついてこなくなります。どちらのタイプのリーダーがよいかというと、どちらもよくないですし、その中間程度がよいのかというとそれもよくありません。なぜなら一貫性が求められるべき部分と、臨機応変に対応すべき部分が違うからです。そもそも組織を運営していく上で「自分たちは何のために存在するのか」という価値に触れる部分については、根源的なビジョンとして簡単に変えてはいけません。それだけに十分に吟味してから提示する必要もありますし、それを提示したら徹底的に浸透させて、共感を得るように努めなければなりません。これはすべての行動指針にもなりますから簡単に変えてはいけません。一方で、社会状況の変化や技術の進歩などによって、臨機応変に対応すべき課題は日常的にたくさんあります。それを古い考えに固執していては取り返しのつかない状況にも陥りかねません。もしも臨機応変の対応が朝令暮改と批判されるような場合は、その臨機応変の判断基準が根源的なビジョンに則っていないか、あるいはビジョンそのものが浸透していないかのいずれかでしょう。判断をして実行するには、前提としてそれを受け入れさせるだけの土壌が必要なのです。』

本当に素晴らしい話を聞くことができました。私もいつの日かそのようになりたいと思っています。