人との出会いが人生の方向を決める

Posted by agertaw - 10月 18th, 2013

奥さんが不満に思う事の典型例はこんな感じではないでしょうか。

「夫には部屋中に指紋をつけるという悪癖があるんですよね。どこかで汚れを拾ってくるようで、家中に指紋の黒い跡をつけていくのです。壁もドアもキャビネットも、いつも夫の指紋だらけ。私は必死になって、彼の後を追っかけてきれいにしているのですが、自分が指紋をつけていることに気づいていないのでしょうか。あるいは、指紋の跡を気にも留めていない彼ほどだらしがない人は見たことがありません。夫は実はとても優しく、かわいい人です。ですが、夫の唯一の問題点は、とてもだらしがないということです。私の人生で、これほどだらしない人は見たことがありません。食べ物をこぼさないで食事することができないくらいです。夫は口に食べ物を入れようとして、いつも的をはずれるかどちらかですね。そもそも気にも留めていないというのが問題なんですよ。私のことを、私が望むように気にかけてくれることもまずありません。彼の母親がどうやって彼のだらしなきをがまんしてきたのか知りたかったので、この前、お義母さんに聞いてみたんです。でも、そうしたら気を悪くされたみたいです。私はただ、彼を助けようとして言っただけだったのに、ひょっとしたらお義母さんは、母親の責任に対して、私が詰めよっているとでも思ったのかもしれません。」

とにかく泥沼状態です。出会った時のような世の中すべてが素晴らしいと感じさせてくれた相手のことを思い出して欲しいですよね。愛の力というものは目に見える形にはできないけどやっぱり凄く大きいものですからね。「人との出会いが人生の方向を決める」大好きな言葉に従って生きていきたいです。

関係性の希薄化がすすむ

Posted by agertaw - 10月 17th, 2013

これまた男性の愚痴話ですね。

「彼女は、僕のすることは何もかも間違っていると言いたいんです。彼女は料理が上手で、いつも夕食を作ってくれます。食べながら話すと彼女がいやがるので、僕たちはいつも黙って食事をするんですが、食事を終えるとすぐに、彼女は立ち上がって僕の食器を台所に運び、食器洗い機に入れる前に丁寧に洗うんです。彼女は立ったり、座ったりを何度もするので、ゆっくり話をする時間もありません。性生活についても問題があります。彼女は性行為においても潔癖なところがあるんです。僕が彼女の基準よりも清潔な状態で、なおかつ彼女が怒っていないときには、彼女はたいてい応じてくれますが、そのプロセスを考えただけで、僕のほうがその気をなくしてしまいます。一日が終わるころには、僕は彼女の指示的な態度にうんざりしてしまって、ただもう眠りたいだけになってしまうんです。」 Read More »

夫婦の会話はなくなっていく

Posted by agertaw - 10月 16th, 2013

ある男性の愚痴話です。

「彼女はいつもチェックばかりしている、欠点探しの達人です。シャツにしわがついていないか、上着に糸くずがついていないか、どこかに髪の毛がついていないか。本当に頭にきてしまいますよ。もうこれ以上がまんできません。先日、彼女がやったことを聞いてくださいよ。彼女はタンスから僕の古い洋服を全部出して、何の相談もしないで、リサイクルショップに寄付しちゃったんですよ。そのなかには僕のお気に入りもあったのに。彼女は汚れていたものしか捨てていないなんて言うんです。僕はだいたい彼女より早く仕事から帰ってきます。僕は帰宅後に、テレビを見ながら、スナックを食べることが多いのですが、この前、とてもお腹が空いていたので、お皿に出すことをせずに、直接袋から食べていました。 Read More »

少しずつ排除していく

Posted by agertaw - 10月 14th, 2013

忘れてはならないことがありますね。多くの夫婦がこれまでふたりにとって正しいと思えることを実践してきたあげくに到着したところが、不幸せへと続く崖だったということですよね。それをやめた時に配偶者との関係がより良いものに変わってくることを実感するのではないでしょうか。、ダイエットやエクササイズはお世辞にも楽しいとはいえませんが、こうしたものはとても楽しいものですよ。急ぐことはありません。のぼせあがるような愛が消えてから、多くの夫婦がしてきたことには大きな違いがあります。その違いについてじっくりと考えてみてください。あの不幸せへと続く崖にいる夫婦がこれまで行ってきたことよりも多くのことを学んだことになるはずです。ふたりの結婚から、相手を自分の思い通りにしようとする行為を排除するように努力してもらいたいですね。相手を思い通りにしようとする行為は、いたるところに存在していますよね。 Read More »

不幸せな結婚が繰り返される

Posted by agertaw - 10月 12th, 2013

日本だけではなく、全世界において不幸せな結婚が繰り返されていることは今や深刻な問題です。さらにそこには、これといった解決策も見出されていません。それはあたかも、ゆるやかな崖を、集団で駆け落ちて死んでいくタビネズミを彷彿させるというような例えもあります。極地付近に住むタビネズミは繁殖し過ぎると集団で移動し、その過程で大量の溺死がみられることもあるそうです。死に向かう行進の中には、このままではいけないと気づき、歩くことをやめる人もいます。その人は、自分は今、不幸せへと続く崖の上に立っているということをしっかりと意識しているのです。そこにとどまるためには努力が必要であり、その努力は力を消耗させます。しかし、それを乗り越えたほんのわずかな人だけが、短期的なのぼせ愛を、永続的な真実の愛に変える方法を学ぶことができるのですね。 Read More »

お互いの激しい思いが喪失したとき

Posted by agertaw - 10月 11th, 2013

出会ってからしばらくして、お互いの激しい思いが喪失したとき、ほとんどの夫婦は互いに、相手は自分を愛することをやめたのだと信じ、のぼせ愛から永続する愛に移行する方法を学ぶことなく、自分のやり方を押し通そうとしはじめてしまうんです。もちろん、最初の結婚が成功し、幸せに過ごす夫婦もいますが、実際はそれほど多くはありませんよね。「それからふたりは、生涯幸せに過ごしましたとさ」というハッピーエンドは昔話だけのもので幻想であることが多いようです。その理由は、のぼせ愛が消えたときに、ふたりはあまりにも早く関係をより良くすることをあきらめてしまうからです。結婚と離婚を繰り返し、4回目の結婚を考えているような友達がいますが、「今度は他の方法を考えるよ」と言って、結婚を選ばずに、ついに幸せを手に入れた人がいます。しかし、幸せな結婚に取って代わるほど、欲求を満たすものはありませんよね。 Read More »