相手の情動に関する察知能力

Posted by agertaw - 6月 10th, 2014

女性には不満や不平などの感情をためるバケツがあるといった例えばよくされたりします。男がその場しのぎの態度で女のフラストレーションをかわしているうちに、不満のバケツの目盛りは1ミリ、また1ミリとかさを増していくのですね。何らかのはけ口がない限り、その水量は自分でも支えきれないほどに増していくことになってしまうわけです。そして、まるで決壊する前のダムのような恐ろしい状況を生み出してしまうというわけです。この女性のパケツの例えに対して、男性の場合はザルに例えられたりします。男は相手の情動に関する察知能力が女よりも低いとはよく言われることです。 Read More »

好きだと脳が判断する

Posted by agertaw - 5月 19th, 2014

女性にとって、この男性とならどうなってもいいという感情は色んな計算をして起こるのではないですよね。出会ったときの会話や見た目で、格好いい、好きだと脳が瞬時に判断してすべてを支配してしまうというような感じになるわけです。実際には男性に仕事がない、きちんと働かないということがあったとしても、そんなものは問題じゃないと女性の脳が感情的になってしまっているわけですね。それはまさに前頭葉が混乱して判断できない状態と科学的には言えるわけです。だから前頭葉を混乱させるような状況に持っていけばいいわけだが、それは男からはできないのです。女性が仕事が非常に大変、人間関係で疲れた、心配事で悩んでいる、といった負荷がかかった状態のときであれば、女の恋愛スイッチが入りやすく、抑制がきかなくなる可能性が高いと言われています。女性は言語の中枢が男性より発達しているので言葉に関して感受性が高いのです。 Read More »

脳が快感を覚える

Posted by agertaw - 4月 24th, 2014

現代の女性たちの多くが男性に対してあきらめてしまっていると言われます。男性のの情熱のなさに、「こんな人のために頑張っても意味ないかもしれない。」などと期待していないわけです。そこで、気になる女性とよりよい関係を築きたいと思うなら、男からコミュニケーションを求めていくことが必要になるわけです。意中の女性とのさりげない会話から始まるわけですが、そのときの男性の言葉が重要になってくるわけです。男の発する会話から女性の脳がどれだけの快感を覚えたかということが重要なんです。脳が快感を覚えれば、男性への意識が変わり、好感が芽生えてくるというわけです。それが繰り返されると確実に味方になってくれ、そして好きになってくれるわけですね。 Read More »

感情の起伏に関して

Posted by agertaw - 4月 7th, 2014

女性の脳が男性とは全く違うと言われますが、扁桃体に関してよく言われることがあります。記憶に関わる扁桃体がなぜ攻撃的な女性に関係があるのでしょうか。それは扁桃体の実験が証明しているようですね。扁桃体が傷ついて、その活動機能が低下することによって、傷つけられた人は物事に対する好き嫌いがなくなってしまうなどの情緒的判断ができなくなってしまうことがあるようです。たとえば道を歩いていて向こうからスピードを上げた車が見えると危ないと感じて、道の端に寄ろうとします。ところが扁桃体がダメージを受けていると怖いとか危険だという感情そのものがないため、道の真ん中を悠々と歩き続けてしまうというのです。加えて、視覚的な判断にも障害が表れるようです。恋人、家族、他人などの区別がつかなくなってしまうことがあるようなんです。 Read More »